スポンサーサイト

Posted by ~*Ruru*~ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疲れたけれど楽しかった!インターナショナルキルトウィーク横浜

Posted by ~*Ruru*~ on 26.2010 未分類 2 comments 0 trackback
 2010_1126yokohama00091.jpg 
「インターナショナルキルトウィーク横浜」も18回を迎えたそうです。

年毎に地味になってきたように思うのはRuruだけでしょうか?

以前は1週間?、5日間? 開催されていたような記憶がありますし、

熱気がプンプンしていたようにも思えます。

初日というのに行列もなく、呆気なく入場、携帯でメールしあいながら

友人たちと合流しました。

この横浜と1月に開催のドームのキルト展が

いつの間にか、キルト友たちとの同窓会のようになってしまいました!

今年は、いま流行の“デコ”ミニタペストリー展が

どれもアイデアいっぱい、ピカピカキラキラしていて楽しかったです。

一通り、作品観賞を済ませた後、食事、お買い物、そしてお茶・・・と

楽しい一日でした。

お買い物も、ヴィンテージのフランスレース地や様々なタッセルなど、

掘り出し物に出会え、満足ゥ~!


夜は松本清張の流形の荒野を観て過ごし、

チクチクはお休みしました。


では、また~
スポンサーサイト

☆★☆エリザベートの転写で口金つきおしゃれポーチ、完成☆★☆

Posted by ~*Ruru*~ on 25.2010 ニードル 2 comments 0 trackback
昨夜は、水曜夜に楽しみにしている

柴田恭兵の(刑事の定年)を見忘れてしまいました!

朝からお教室、お教室後は浅草橋まで足をのばし

ラッピング資材を選び、

さらに足を延ばしてエンブロイダリーリボンやブレードのお買い物。

ぐったりしてつい

BSでの放送なので

番組表も見逃していたのでしょうね~

通常の刑事ものとは全く違います。

とても微笑ましい恭兵さん。

浅田美代子の奥さんもなかなかいいです。

2010_1125ribbon-porch0005.jpg 

エリザベートの転写でつくったミニポーチ。

季節柄、ちょっと華やかにしてみました。

口金部分はパールと3ミリのスワロフスキーを交互に刺しました。

スワロフスキーのお色は、カリブブルーです。

もう一つ、パープル系を仕上げないと。。。。


では、またお目にかかりましょうね

リボンワークのポーチ&落ち葉

Posted by ~*Ruru*~ on 24.2010 ニードル 0 comments 0 trackback
買い物帰りに

落ち葉を拾う老婦人にお会いしました。

“なにか作品をつくられるのですか?”

と、見知らぬ婦人に声をかけてしまいました。

”あまりにもきれいなので、 押し花にしようと思いまして・・・”

ほんとう、このあたりはどこも街路樹が紅葉し

歩道は赤、黄色にに埋め尽くされています。

Ruruも数枚拾ってきましたよ~
2010_1124ribbon-porch0002.jpg
ポーチはゆっくりですが、すすんでいます。

材料が今ひとつ納得できるものが手元にないのですが、

なんとか、形になりました。

2010_1124ribbon-porch0003.jpg 
今日は、青い方だけで終わってしまいました。

リボンワークにはリボンワークの材料が必要ですね~

明日のお教室の帰り、都心まで足を伸ばしてみようかしら・・・?


物騒な事件が起こりましたね。

これ以上、大事にならないよう祈るばかりです。



では、今夜はこの辺で・・・

おやすみなさい~


★☆★趣向を変えて新作2種、進行中★☆★

Posted by ~*Ruru*~ on 23.2010 ニードル 2 comments 0 trackback
2010_1122ribbon-porch0002.jpg 
今日は(昨日?。。。)

たくさんのリボンの整理から朝はスタート。

その中から数枚のリボンを選び出し、

モアレの小布にリボンをアップリケして、上部にギャザーを寄せてみました。

青いモアレは

日常、愛用している大型バッグの残り布。

ちょっといつものRuruカラーではないかもしれませんが

実際の方が深みがあっていい色です。

奥のバイオレットのモアレは

このところたびたび登場しています。

購入の際は躊躇したのですが、

合わせる色によって様々に表情を変えてくれるので、

最近のお気に入りです。

どんなポーチになるかは。。。。

また、覗いてくださいね。

あすはもう少し進化していると思いますので・・・


秋・冬の手仕事のほかのお楽しみは

読書ですよね~

暑い夏は、あまり読む気が起きません。

書斎は北に・・・といわれる理由がわかりますね。

乗り物の中で、就寝まえに、

いまちょこちょこ読んでいるのは↓

2010_1122ribbon-porch0007.jpg 
刑場の露と消えたマリー・アントワネットは、彼女の大伯母にあたります。

彼女は、ジョセフィーヌと離婚したナポレオンの再婚相手に選ばれた女性で、

政略のために売られた花嫁ですが、

彼女の従順さ、ピュアな心には、涙せずにはいられません。

歴史小説は面白いですね。

マリー・アントワネットを読み終えたときには、

彼女の子供たちの行く末が気になってしようがありませんでした。

マリー・ルイーゼは

マリー・アントワネットやエリザベートのようには

日本で紹介されていないのは、

“美貌”とは言いがたい容貌のせいかしら・・・?

まだ、厚い下巻もあるので

しばらくは楽しめます。


では、おやすみなさい~



*フリルのバッグ*完成しました♪

Posted by ~*Ruru*~ on 22.2010 ニードル 0 comments 0 trackback
2010_1122makino0013.jpg 
フリルのバッグ、ようやく完成しました♪

多灯の白熱灯のもとで写したので、

かなり赤みがかっていますね。

2010_1122makino0002.jpg 
この方が、実際の色に近いです。

内袋のポケットに蓋をつけたり

ブレードをつけたりしていると時間はあっという間。

なんとしてでも、昨日のうちに完成させたかったので

がんばりました。

次の作品のデザインがちらちら浮かんできて

もう気持ちはそちらの方に・・・。

今度は、映画のお話や読みかけの本のことなど

ゆっくりお話しましょうね。

では、きょうはこの辺で・・・



*フリルのバッグ*~完成まであと一息~

Posted by ~*Ruru*~ on 21.2010 ニードル 4 comments 0 trackback
2010_1121makino0001.jpg 
外まわりは出来ているのに、お飾りで停滞していました。

はじめは、リボンワークの予定でした。

手持ちのワイヤーリボンをいろいろ並べてみましたが、

どの色を持ってきてもレースがくすんでしまい、レースの持ち味がいかせません。

それで、リボン刺繍に変更したのですが、

やはり、色を選ぶのに手間取ってしまいました。

選んだエンブロイダリーリボンは木馬の465です。

レディの髪にはピンクを用いましたが、

465に変えようかしら・・・と思案中です。

フェザーステッチに留めたビーズは

特小あるいは極小ビーズよりもやや大きめ・・・ですが、

通し穴が小さくて絹針にも通らず、

半分は使えませんでした。

色といい艶といい、お気に入りのビーズなのですが、

キット向きではないですね~


中袋を作り、持ち手を付ければ完成です。

あと、一息です。

では、また・・・

*フリルのバッグ*~2~

Posted by ~*Ruru*~ on 17.2010 ニードル 2 comments 0 trackback
2010_1117makino0002.jpg 
いつもは、リボン刺繍などお飾りからスタートするのですが

フリルの感じが見たくて

先にバッグを作ってしまいました。

バランスの関係から

最初の予定よりも小ぶりなバッグになりましたが

フリルにの可愛さを表現するのには

小さめバッグの方が似合うかしら・・・ね・・・?

リボン刺繍はすぐにでも始めたいのですが

今日は、またまた外出。

新宿にでて、友人とマザーウォーターを見てきますね~
 
京都が舞台で、ちょっと現実味が乏しい内容だそうですが、

小泉今日子ファンには見逃せないです♪


先日読んだ“ストロベリーナイト”

ドラマ(フジテレビ)は竹内結子が主演で、見応えある内容になっていました。

ちょっと怖かったけれど・・・。

ストーリーはわかっていても

映像と小説は別物ですね。


あら、そろそろ、おでかけの仕度、しなくちゃ・・・


ご訪問、ありがとうございました

では、またお目にかかりましょうね。

寒くなってきました。

ご自愛くださいね


レースフリルのバッグ、イメージング♪

Posted by ~*Ruru*~ on 15.2010 ニードル 2 comments 0 trackback
ポーチ作らなきゃ・・・というのが頭にありながら、

ふたたび、タウンバッグに取り掛かりました。

2010_1115makinookamotoyoko0001.jpg 

かなり前の薔薇柄、すっかり忘れていました。

それから、使いあぐねていたレース・・・。

レースにギャザーを寄せるとやさしい感じ♪

薔薇の色と同色のモアレをセンターにして・・・と

まだまだ、イメージング段階です。


わが家はまだ、暖房を点けるほどの寒さではないのですが、

それでも、深夜になると冷えてきますね。

窓をあけて、居ながらにして紅葉を愉しんでいましたが、

枯れ葉の季節が目前ですね~


では、またお目にかかりましょう。

ご訪問ありがとうございました

岡本洋子さんの布地でバッグ*赤い薔薇柄の内袋で完成^^

Posted by ~*Ruru*~ on 14.2010 ニードル 0 comments 0 trackback
1週間経つのが早いですね(Ruruだけが感じることかしら?)

先週の土曜日は息子家族が、

昨日は娘たちが来て、

ケーキやお寿司を食べておしゃべりしているだけであっという間。

ゆっくり針がもてないでいましたが・・・。

2010_1114okamotoyoko0003.jpg 
製作中のバッグ、内袋に赤い薔薇柄を用いてみました。

2010_1114okamotoyoko0016.jpg 
バッグ口にもブレードをつけて・・・。

2010_1114okamotoyoko0005web.jpg 
2010_1114okamotoyoko0008.jpg 
↑表側です。

パッチワークキルト作家で、オリジナルデザインの生地を出される方々には、

それぞれ、色に特徴がありますね。

今、もっとも人気があると思われるこうの早苗さんのカラーは

ベースにベージュ(茶系)が含まれているように見えますが

岡本洋子さんや園部美知子さんのカラーには

くすみのない、透明感があるように思います。

宮崎順子さんはどうなんだろう?

パープルに特徴があるかしら?

ご自分では、“ピンクと淡いグリーン”とおっしゃっていたけれど・・・。

吉田恵子先生の布も好きです。

和風っぽいものからモダンなものまで幅広く、

しかも、おしゃれ。

おしゃれすぎて、一般向きではないのかしらん・・・



脱線してしまいました。

↓バッグの裏面です。

2010_1114okamotoyoko0011.jpg 
薔薇柄をポケットにし、ベースは黒のモアレにしました。

気軽に持てるタウンバッグです。


同じかたちで、もう一つ作ろうかな・・・

では、またお目にかかりましょうね。

ご訪問、ありがとうございました

*岡本洋子さん布地で作るバッグ・続き

Posted by ~*Ruru*~ on 13.2010 ニードル 0 comments 0 trackback
2010_1113okamotoyoko0007.jpg 
アジア大会の入場式を見ながら

ミシンをかけていました。

変わり映えしない写真になってしまいましたが、

お花の周りにキルティングし、

仕立てに入りました。

明日は、レースなどをつけて、完成させたいです。



街路樹のはなみずきの葉が真っ赤になりました。

秋が深まってきましたね~

お風邪、気をつけましょうね




カードケース&岡本洋子さんの布でバッグを・・・

Posted by ~*Ruru*~ on 12.2010 ニードル 0 comments 0 trackback


またまた、忙しい日が続きました。

息子家族と食事に出かけたり、

ゆえあって、家具の配置換え、新しくテーブルとチェアーを購入。

少々、反ご時勢のわが家です。

早く片付けて落ち着きたいけれど、

家具が届くのが来週末。

今のところ混乱状態です。


昨朝は早くから展示用プリントの印刷、午後は地区文化センターに出向き

Hさんに手伝っていただいて展示の飾りつけをすませました。

夕方は、頼んでいた持ち手をいただきに駅までいき、

夜は突然の体験の方のために、

カードケースの見本とキットづくり・・・

めまぐるしかったです

2010_1112okamotoyoko0003.jpg 
2010_1112okamotoyoko0006.jpg 
2010_1112okamotoyoko0005.jpg 
実際はもう少し明るめのペパーミントグリーン。

これなら2時間で完成するかな・・・?

2010_1112okamotoyoko0002.jpg 
↑岡本洋子さんのオリジナル地で製作中のバッグ。

市松と薔薇柄に沿ってキルトを入れるだけのシンプルな形です。

持ち手が届いたので一気に仕上げたいと思っていましたが、

予定通りにはいきませんでした。

明日(今日)はお教室なので、

いつの完成になるでしょうか・・・


ご訪問ありがとうございました。

では、またお目にかかりましょう

フランスで人気のポリ・エブナーの転写で・・・レッスンバッグ作りました♪

Posted by ~*Ruru*~ on 09.2010 ニードル 0 comments 0 trackback
こんにちは~♪

小春日和が続いていると東京・・・

穏やかでしたくなっちゃいます^^

ポリ・エブナー(またはエブネ)って、ご存知ですか?

1873年生まれのオーストリア生まれの画家で、

1930年~40年代に、主にかわいい少女の絵を描いて活躍しました。

いまでも、フランスのカードコレクターに人気があるんですよ~

カードを購入しようとすると、復刻版でも1枚で1500円以上・・・

それに、なかなか手に入りません。

そのエブナーの転写PをSepiaさんのショップで見つけ、

ずーっと気になっていました。

 
そのエブナーの転写の1枚でレッスンバッグを作ってみました。

周囲はリボン刺繍とビーズを刺しました。

生地はYUWAさんのミニ薔薇とカードの柄。

残り少なくなっていたので、お買い得価格でした!

今様のキャラクターの絵にはない上品さがありますよ~♪

2010_1109shopweb0005.jpg 
幅32センチ、縦21.5センチです。

お揃いのティッシュケースつきミニポーチ、

ファスナーポーチ、あるいは、がま口なども作りたいけれど、

時間があるかしら・・・?

次作品は岡本洋子さんオリジナル地の薔薇柄でミニバッグの予定です♪


では、またお目にかかりましょうね

イベントが近づいて・・・手直し2点

Posted by ~*Ruru*~ on 04.2010 ニードル 2 comments 0 trackback
こんにちは~♪

よいお天気ですね


地域のイベントがいよいよ来週になり

気になるBankケース2点の手直しをしました。

2010_1104tenaoshi0003.jpg 
手前のグリーンのBankケース、以前はの写真のかたちでした~ 

2010_0725bankcase0007.jpg  
う~ん、間延びしているでしょう?縦の長さを縮め、飾りスナップが不安定なので

はずしました。(普通のスナップにします)


そして、完成したばかりだった、右のBankケース・・・

一箇所、薔薇の色のピンクをサーモンに変え、レディのネックレスをはずし、

枝の刺繍糸を25番から5番に刺しなおしました。

ほとんど自己満足の世界ですが、

気になるところはいつまでも気になるので・・・。

手直し後の薔薇のブーケを抱いたレディのBankケースで~す♪
2010_1104tenaoshi0006.jpg  



昨日、Sepiaさんから

エドナーの拡大転写をいただきました♪

これからでかけますが

帰宅後、シンプルなお子さま用レッスンバッグに取り掛る予定です。

これは、12月のギャラリー喫茶の展示用。

かわいく出来るといいな・・・


今日もご訪問ありがとうございました。

では、またネ




写真出展の作品*ヴィクトリアン貴婦人のバッグ

Posted by ~*Ruru*~ on 03.2010 ニードル 2 comments 0 trackback
こんにちは~♪

久しぶり!いいお天気です。

お出かけの前に

来週末の地区センター作品展示の準備をしました。

作品展示のほかに、写真展示もあるので

何枚かの写真をセレクト。

このバッグはほんとうは、実作品を展示したかったのですが

オーダーしていただいた方にお送りしなければならず

写真のみの紹介になりました。

2009_0814bird0002web.jpg 
以前作った作品をご覧になり、同じものを・・・ということでしたので、

ほぼ、同じに作りました。


みなさま、秋の行楽にお出かけでしょうか?

楽しい一日でありますように・・・
  

ご訪問ありがとう♪

Ruruのホームページ

http://victorianruru.web.fc2.com/bara11.gif VictorianQuilt*Ruru*

プロフィール

~*Ruru*~

Author:~*Ruru*~
薔薇柄とピンク、パープルが好き…。
ヴィクトリアン調小物、クチュール系
アクセサリーの制作日誌を綴っています。
遊びにいらしてくださいね♪

人気ブログ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。