スポンサーサイト

Posted by ~*Ruru*~ on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビブリア古書堂の事件手帳~栞子さんと奇妙な客人たち~

Posted by ~*Ruru*~ on 04.2012 趣味 0 comments
こんばんは^^
寒くなりましたね~

読書の秋というわけではないのですが、
手仕事と同じぐらい、楽しいのは読書です~
最近は、読書というほどのものではなく、もっぱらミステリー。

待ち合わせまでに時間があったので書店を覗くとDSCF8914.jpg
古色蒼然とした雰囲気の表紙が目にとまりました。

ビブリア古書堂の事件簿
~栞子さんと奇妙な客人たち~

三上延という作家についてはまったく知りませんでした。
ホラーからファンタジーまで
幅広い作風で縦横に活躍中・・・
なのだそうです。

ストーリーは古書にまつわる謎を解いていくという形式で
今のところ、殺人などはありません・・・
でも、面白い!

第1話は、夏目漱石「漱石全集・新書版」(岩波書店)
舞台は鎌倉の片隅にひっそりと佇む古書堂。
一風変わった美人店主と店員の俺が主な登場人物。。。

初版は昨年3月、今年の夏には27版。
そんな人気な文庫とは、ぜんぜん知りませんでした。

ただただ残念なのは、
なぜか、表紙カバーの装丁が変わったこと。
今日、2巻を買いたくて書店に出向いたところ、
少女漫画のような表紙になっていました
スポンサーサイト

ヴィクトリアンフアンにおすすめ♪アクセサリー美術館

Posted by ~*Ruru*~ on 20.2012 趣味 0 comments
 先日、極暑の中、
目黒区・祐天寺のアクセサリーミュージアムにいってきました。
インターネットでホームページをみると、
住宅街の中の個人の美術館でしたから、 
(誘ってくれた友人には悪いけれど・・・)
それほど期待はしていなかったのですが・・・

びっくり!うれしい誤算!
それはそれはすばらしいコレクションでした。
友人と二人、わぁ~ わぁ~・・・を連発!

コンセルジュによると、
2代にわたるコスチュームジュエリー会社の経営者が
社員教育のために集められたものだとか。。。
1800年代から現代ものまで、部屋ごとに展示されているのですが、
圧巻はヴィクトリアン時代・・・ 
2012071814520000.jpg     

↑中央のブローチの、らせん状の糸のようなもの、ご覧になれますか?
これは、亡くなった方の遺髪を、アクセサリーに封じこめたもので、
儀式の礼装にもちいられたそうです。 




  20120718145300002.jpg




Ruruが目を奪われたもの・・・↓
P1000018.jpg 
すばらしい手仕事です。
(許可を得て撮影、本来は撮影禁止です)

開設から2年と日が浅いので、まだ、一般に知られていないのだと思いますが、
興味のある方はぜひぜひ・・・
歴史的にも、とても、見ごたえがあると思います。。。



 

~春 その2~

Posted by ~*Ruru*~ on 14.2010 趣味 0 comments 0 trackback

今日もよいお天気

春はお散歩が楽しいです・・・

何処というほどのことはない、近所をのんびりと^^

2010_0314needle0004.jpg 

↑まだ、固いつぼみの木蓮。

2010_0314needle0008.jpg 

↑坂道をゆっくり歩いて辿りついた、お気に入りの花やさん。

白い花々が素敵*~*~

2010_0314needle0011.jpg 

↑公園の入り口に咲く、連翹。

この花が咲くと、春のおとずれを実感します~

緑を含んだ黄色・・・。

早春の色ですね~

 

    お越しいただき、ありがとう♪

    また、どうぞ、お訪ねくださいね・・・。

     にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ  ←ここをポチッと押してね  

    にほんブログ村

  つたない作品ですが

  応援よろしくお願いします^^。


 


 

 


 

☆一角獣を抱く貴婦人☆観賞とトクした気分のお買い物(*^^*)

Posted by ~*Ruru*~ on 11.2010 趣味 2 comments 0 trackback

よいお天気~

東京都美術館のボルゲーゼ美術館展に行ってきました。

カラバッチョ、最後の傑作といわれている「洗礼者ヨハネ」、

ラファエロの謎多き名画、「一角獣を抱く貴婦人」は

ともに、日本初公開だそうです。

ボルゲーゼ美術館は

名門貴族出のシピーネ・ボルゲーゼ枢機卿の個人コレクションが出発点と聞くと

驚かずにはいられません。

世界に名だたるルネッサンス・バロック美術の宝庫・・・の中に

遣欧使節団を率いて

1613年、メキシコ、スペイン経由でローマに入り、

貴族にまで列せられた、支倉常長の肖像画もありました!!!

肖像画の中の彼は立派な風貌で、その栄光を今に伝えています。

 が、交渉はうまくいかず、7年の後に帰国。

すでに、禁教令を出されていた日本での彼は恵まれず、

失意のうちに亡くなったと、歴史は語っています。

 

「一角獣の貴婦人」

長い間、偽りの中にいた名画です。

マントをはおり、車輪をもつ貴婦人に改作されていたのですが、

20世紀の修復で本来の姿を取り戻しました。

一角獣は縁起のよい動物で

婚礼直前の女性だとのことですが、

女性のモデルがいったい誰なのか、いまだに解明されていないそうです。

謎多き名画・・・といわれる所以ですね。

 

2010_0311needle0007.jpg  

おみやげに、絵葉書、一筆箋、チョコレートを買ってきました。

 

今夜は、ちょっとながくなりますが・・・

新宿に戻り、春のコートを求めました。

サービスで春のストール!をいただきました

でも、それが、三択だったのね~

白、濃いパープル(紺系)、ライトグリーンの中からお好みを選んでくださいと・・・

あーでもない、こーでもないと、散々迷って白をチョイス。

ところが、何周年目かのアニバーサリーだとかで

テーブルハンガーもプレゼントしてくださるとのこと。

これもまた、

クリスタルとサファイア系とルビー系の三色の中から一つの三択でした!あぁ~。

年齢からすると、クリスタルかサファイアなんでしょうけれど・・・

迷っ末にピンクをいただきました

2010_0311needle0005.jpg 

白に縞のラメ入りのストール、グレイに写っちゃいました

右がピンクデコのテーブルハンガー。

2010_0311needle0003.jpg 

出掛けにRoseAdagioさんから届いていた、布地。

春の香りがします。

遊んでばかりいないで、せっせと、ちくちくしなきゃ・・・

 


  お越しいただき、ありがとう♪

    また、どうぞ、お訪ねくださいね・・・。

     にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ  ←ここをポチッと押してね  

    にほんブログ村

  つたない作品ですが

  応援よろしくお願いします^^。


 


 

 

ファンは必見!愛のヴィクトリアンジュエリー展&映画ヴィクトリア女王世紀の愛

Posted by ~*Ruru*~ on 17.2010 趣味 2 comments 0 trackback

アンティーク&ヴィクトリアンフアンの方々

見逃さないでね~

2010_0117needle0009.jpg

渋谷・Bunkamuraザ・ミュージアムで開催されている

(愛のヴィクトリアンジュエリー展)。

華麗なる英国のライフスタイルというサブ・タイトルが示すように

ジュエリーだけではなく

1800年後半の華やかなる時代のイギリスが実感できます。

アンティークレースもふんだんに展示されていて

ため息・・・

白いウェディングドレスは

ヴィクトリア女王から始まったそうなのですよ~

映画、ヴィクトリア女王は

このジュエリー展と合わせてみたので

よーく、理解できました。

ストーリーよりも

薔薇飾りふんだんの衣装に目がとらわれて・・・

2010_0117needle0012.jpg 

2010_0117needle0015.jpg 

カタログに載っていたペンダントトップのバッグ、

そして素敵なジェリーのポストカード、

買ってしまいました~

 

これからBSでキルト展の実況ですね!

 

ご訪問ありがとうございました♪

  にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村

きょうも、応援、よろしくお願いします^^

 

 


  

ご訪問ありがとう♪

Ruruのホームページ

http://victorianruru.web.fc2.com/bara11.gif VictorianQuilt*Ruru*

プロフィール

~*Ruru*~

Author:~*Ruru*~
薔薇柄とピンク、パープルが好き…。
ヴィクトリアン調小物、クチュール系
アクセサリーの制作日誌を綴っています。
遊びにいらしてくださいね♪

人気ブログ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

最新トラックバック

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。